レジ打ちと肩こりと私。

今からほんの2、3年前の話ですが…私は当時、スーパーでパートとして働いていました。そのスーパーはまぁパートにも、データをチェックしろだ発注をしろだレジ打てだ会議に出ろだと無理難題を要求して来る組織でした。おかげさまで、か弱い私の体は肩から首から背中からコリコリで、そのうち石化してしまうのではないかと危機感を抱く程に。パートなのを忘れてしまえるくらいハードだったのでサッサと家路につきたかったのですが、いよいよコリが限界に。そこでまずは私の友人で、もはや肩こりプロの女性に教えてもらいまずは手で揉んでくれる某マッサージ店へ。
その某店は上半身だけのコースや全身のコース等分かれていて、その時の自分のコンディションに合わせて施術を受けられました。私は専ら肩こりが酷かったので、上半身コースを利用してましたが…やはり流石はプロ!最初は緊張していたものの何度か足を運んで行くうち、終いには気持ち良くて意識が飛ぶ事も。やー。何故、もっと早くに訪れなかったのか。人生の4分の1くらい損した気分。
しかし、段々年齢と共に肩こりに加えて姿勢が悪い事も相まって揉んでもらっても一週間もすれば元の木網に。これはマズイぞ…と、私なりの貧困な知識をフル回転させて辿り着いたのがリラクゼーションマッサージ。ここはマッサージもしてくれるけれど、きちんと体の歪みも整えてくれるという神様の様なお店。コリをほぐすのは勿論、ストレッチ等もしてくれて悪い姿勢も改善して根本から問題を解決してくれました。
おかげさまで、社員の如き重労働を強いられても遣り過ごせる程の改善に成功。マッサージというのは病院選びに通ずるものがあって、やはり一つの場所だけでなくセカンドオピニオンではないけれどいつもと違ったお店を開拓してみるのも効果をより実感出来るのではないかと思います。

topページ